前へ
次へ

虫歯を放置するリスクを伝える意味

キレイな歯のイメージは、真っ白な歯でしょうが、周りの歯と見比べた時に不自然であれば、そこがコンプレックスの原因になりうるでしょう。
虫歯の治療でも似たようなことがいえ、被せものはバランスが取れていなければなりません。
一般歯科に治療に来るのはいつぶりなのか、定期的であれば口腔内も清潔な状態を維持できます。
しかし、多忙な社会人では治療に来るのが学生以来であったり、デンタルクリーニングも受けたことがない人もいらっしゃいます。
虫歯になり、我慢できない痛みや腫れによって、しぶしぶ来院する人もいます。
そこで診断され、歯科医からいずれは噛むことができなくなる、抜けてしまうなどの真実を突きつけられて、『治したい』と治療を根気強く受ける人が意外にも多くいらっしゃいます。
永久歯が永久に生えているワケではないリスク、恐怖心をあおぐように感じるものの、沢山の患者を治療してきた歯科医だから、早めの治療を促すためにリスクをしっかり伝えます。
それが患者のためになるのです。
歯周病治療も並行して行うことにより、高齢になっても自分の歯でしっかり噛むことができます。

Page Top