前へ
次へ

虫歯でボロボロにしてしわないように

歯を磨いても虫歯になるというのはよくある話ですが、進行状況によっては歯がボロボロになってしまうこともあります。
想像付きにくいかもしれませんが、歯医者さんに行って治療をするのは怖いという恐怖感が根強くあるのは否めません。
怖くて治療をせず放置していて虫歯が酷くなっていったり、ボロボロになってしまって恥ずかしくて病院に行けないという意見もあります。
けれども歯は手足の怪我のように、自然治癒することはありませんから、放置を続ければその分どんどん進行して歯が溶けてしまい、神経などにも影響してしまって悪い状態になってしまいます。
現在は歯医者さん側の治療法もなるべく痛くないように心がけて麻酔や笑気麻酔を取り入れるなど、様々な工夫をして治療を前向きになれるように配慮しています。
恥ずかしいという気持ちもあるかもしれませんが、歯医者さん側は公平に患者さんを見ているので、不安になることなく歯を診てもらって、早めに治してしまうのが一番です。

Page Top