前へ
次へ

虫歯を放置しないように歯医者に行く

何か月も、何回もかかる虫歯の治療、放置する時間が長くなるだけ、銀歯や金歯が増えることになりうるのです。
誰が見ても気になるのは前歯でしょう。
そこが虫歯に侵蝕されていれば、気にせず笑えるでしょうか。
また、奥歯だから我慢したり、黒くなっていても気付かれないからという理由であっても、その奥歯が親知らずなら一般歯科では抜歯をすすめています。
親知らずは、矯正治療でも生やしておくメリットよりデメリットの方が大きいようです。
しかし、抜歯を拒む人もいますから、経過観察を続けるために定期的に来院するカタチが取られています。
虫歯予防は、歯周ポケットを清潔に保つためのブラッシングが必要ですが、歯周病治療も行えば、歯垢のみならずブラッシングでは取れない歯石もしっかり取り除くことができます。
子供だけでなく歯の治療を苦手としたり、怖いイメージがあると回答する大人は非常に多いようです。
何より、中断してしまうことは避けましょう。
せっかくの治療の時間、治療費、頑張りがムダになってしまいますから、最後まで通院し、そして定期健診に足を運び、自宅でのセルフケアを定着させましょう。

Page Top