前へ
次へ

夜になると痛くなる虫歯

不思議なもので、熱や痛みなどは夕方から夜にかけて高くなったり増したりすることが多いようです。

more

歯科医院によって異なる虫歯治療

虫歯ができて歯科医院で治療を受けるということがありますが、歯科医院によっても治療方法が異なっているこ

more

虫歯とストレスの関係

ストレスが原因で虫歯になるというケースが存在すると言われていますが、その理由が何なのかに関して気にな

more

虫歯と一緒にさまざまな病気になったときの順番

虫歯がある状態でインプラント治療はできるのかと気になる人は少なくありません。
実際にどちらの治療を先に行うべきなのか、判断に迷う人も多いでしょうが、医療機関に見せるとすぐにわかるといわれています。
多くの医療機関の場合、インプラント前に虫歯の治療を行うことが多いです。
健康な歯を残すための治療の選択肢として知られているのがインプラントの特徴であり、健康な歯に戻してかみ合わせへの影響が残らないようにすることが重要とされています。
歯の状況によって異なりますが、歯列矯正を行いたい人の歯が痛んでいた場合には、歯の痛みを抑えるのか、あるいは歯列矯正が先でしょうか。
基本的に母の治療を先に行うことが多いです。
歯列矯正中は歯磨きをしても適切に行われる可能性が低く、歯の状態がよくないことも多いといわれています。
万が一虫歯になってしまった場合には、矯正器具をはずして治療をしなければなりません。
そのため、矯正前に歯の治療を行って、健康な歯に戻してから治療を行うことが望ましいといわれています。

アルバ歯科
一般診療から専門的治療まで歯に関するあらゆる不調に経験豊富な医師が対応し、治療いたします。

名古屋市 ナビジョンDR

名古屋市中区にある初めての方も安心の鍼灸院【ソアン治療院】

草加市で歯を抜かない虫歯治療歯医者

札幌・介護のお仕事紹介センター
札幌周辺の介護系求人に特化し、それぞれの求職者と働き手を探している施設との仲介をしています。

では、歯周病と一緒にかかってしまった場合はどちらと一緒に治療をしたらいいでしょうか。
実はこの場合、歯周病の治療が先に行われることが多いです。
理由としてあげられているのが患者の身体的な負担を低減させるために歯周病の治療を先に行うことだといいます。
歯の治療よりも歯茎を先にすることによって、歯茎の病気を回復させて歯が健康に使えるように対応してから歯の治療を行うことになっています。
歯茎母を支えるために必要な部分であり、土台を治してから上を治すことで長持ちするでしょう。
口腔内だけでもさまざまな病気が同時に起こる可能性はあります。
歯や歯茎の健康は1日にしてならずといわれており、日ごろから歯磨きや洗口剤、糸ようじなどを使って歯だけではなく歯と歯の間、歯茎などの健康をキープできるようにしておくことが望ましいでしょう。
毎日食事の後に続けることによって、ある程度口腔内の健康が維持できるといわれています。

Page Top